漢方の三笠薬品 (株式会社三笠薬品)のブログ |「ぱどnavi」

ブログ

<<前の記事

次の記事>>


私のひとりごと  令和5年7月

2023/07/14





私のひとりごと


 


 


こんにちは。『漢方のミカサ』の北室です。


日頃は当店をご愛顧いただきまして誠に有難うございます。


7月になり暑い日が続きますが、如何お過ごしですか。


 


私は相変わらずに元気で毎日を過ごしています。


 


先日、運転免許の切り替えで高齢者講習に


西大寺の奈良自動車学校に行ってきました。


 


私は18歳の時、自動車学校へ行かずに運転免許を取り、


今回自動車学校は初めてです。


 


今だから言えますが、


当時は実家の軽四輪を無免許で運転をしていました。


 


自慢にはならないのですが、


免許の持っている母親より運転は上手だったと思います。


 


16歳で自動二輪、18歳で普通免許を取り、


三度の飯より車が好きな私は、


小学校4年の時初めて50ccの原動機付自転車にのり、


上手に乗れたことを想い出します。


 


今の時代では考えられないことで、


高校時代は勉強せずにバイクと車の本ばかり読んでいました。


 


将来は、きっと車関係の仕事をすると想っていました。


そして、大学では自動車部に入部し、


聞かれたことは無いと思いますが『ラリー』という競技を知り、


車好きのメンバーが毎日、


部室で車の話で盛り上がっていました。


 


 


私も必死にアルバイトをして、


大学3年で初めてカローラを買うことが出来ました。


 


初めての新車。


それをラリー車にするには費用がかかります。


学校の授業以外はほとんどアルバイトです。


 


朝は魚屋、夕方から夜にかけてはガソリンスタンド。


ラリーは当時の私の夢でした。


夢を叶える為にはお金が必要です。


夏休みも奈良へ帰らずアルバイトをしていました。


 


当然、新車で買ったカローラは24回のローンです。


ローンを払いながら、ラリーの部品を買っていきました。


 


夢の為には、その時からどんなことでも出来ると思っていました。


 


無我夢中でした。


 


そして、大学卒業後は車関係に行こうと思っていたのが、


車を買ったセールスと気が合い、


私の将来のことで相談にのってくれました。


 


「北室君、卒業後の仕事は、ものを作る人か、売る人しかない」と言われ、


 


私の就職は電気関係の営業を選びました。


営業は苦労もありましたが、とても充実していました。


 


「趣味を一生の仕事にはするな!」と忠告され、


よく考えた結果、


薬の道を選ぶことになりました。


人との出会いがあり、


「人生は一言で大きく変わる」と思っています。


 


大学4年の時、


あのトヨタのセールスマンと会っていなかったら


私はこの仕事をきっとやっていなかったと思います。


 


皆さん、出会いは大変大事だと思っています。


では、


 



ページTOPへ戻る