漢方の三笠薬品 (株式会社三笠薬品)のブログ |「ぱどnavi」

ブログ

<<前の記事


私のひとりごと  令和2年12月

2020/12/17





私のひとりごと


 


こんにちは、


今年はコロナで始まり、コロナで終わりそうです。


「皆さん家で退屈にされていませんか?」テレビを見ても、ラジオを聞いても、今日の感染者は?とかで、うんざりしませんか?


3密はいけない!飲食5人以上はダメ!65才は・・・(>_<)とかできっちり守っている方はいいのですが、そうでない場合も多いように思います。


 


それに、おかしな事は、国会議員の方は、誰ひとり感染してないのもおかしいと思います。なんだかおかしいことばかりです。


情報が多すぎるからおかしな世の中になってきたように思います。


私もできる限り、マスクに手の消毒はするようにしていますが、マスクは息苦しく、また手の消毒は手が乾燥しカサカサになり、大変困ります。


私はめがねをしているので、マスクをするとめがねが曇って不快です。風邪を引いてもマスクのしないタイプですから。


マスクに消毒は最低限の予防だと思いますが、もっともっと大事なことを忘れているような気がします。


 


一番大事なことは、自己免疫を下げないということです。まず、体を温める事です。


温めるにもいろいろと方法はありますが、簡単にできることは入浴剤を使って下さい。


香りだけの入用剤じゃなく、生薬を使った入浴剤、ヨモギと桃の葉が良いと思います。


私も冷え性だから、ここ二ヶ月ほど毎朝、『梅塩番茶』を多めに飲みました。


やっと効いてきたのか、この寒い12月、朝四時頃店に来ても暖房をいれないで本を読んでいます。


免疫が上がったような気がします。体が温かい!ウイルスに感染しないような気がします。


 


今の世の中、恐慌といって国民が恐れ慌てているので、きっと自殺者も増えると思います。


悲しい事です。政府やマスコミはマスクと消毒の事ばかりじゃなく、もっともっと温めるようなことを国民に伝えて欲しいと思います。


 


10月からですが、「お茶の会」といって民間療法の勉強会を店内でしています。


忘れがちなおばあちゃんの知恵、私が店をする前に教えてもらったことを伝えていきたいと思って始めました。


私自身の勉強にもなりますし、いざというときには役に立つと思います。


民間療法といいますと、自然の持っているエネルギーを頂くということです。


例えば、なぜ「よもぎ」が冷え性に良いか?どういう力を持っているか?を自然の法則でご理解頂くということです。


難しく考えないで、ごく簡単に考えることです。


又、店員の太田が、今月から「茶話会」をするといっています。


これは、全くのボランティアで会費は100円頂きますが、その会費は寄付したいと思っています。


難しい勉強は致しません!皆さん、日頃の悩みをお話ししませんか。楽しく、お茶を飲みながら・・・


 


最後になりましたが、今年一年有難うございました。皆様も元気でお過ごし下さい。


北室 宏親(ペンネーム)



ページTOPへ戻る