漢方の三笠薬品 (株式会社三笠薬品)のブログ |「ぱどnavi」

ブログ

<<前の記事


私のひとりごと  令和2年10月

2020/10/17





私のひとりごと


 


10月になり、急に寒くなり、


毎年言っていると思いますが、夏から秋がなく


冬になったと思います。


 


先日、実家の稲刈りを手伝いました。


小さい頃から田植え、稲刈りは春と秋の恒例の行事で、


よく手伝ったことを覚えています。


 


300坪が一反で八反の田んぼを作っていたので、


小さい頃の春と夏の想い出は田植えと稲刈りです。


手伝うといっても田植えは何もすることはないのですが、


稲刈りは大変!刈った稲を竿にかける仕事、


それから数日後に脱穀の仕事。


これが、大変です。稲を脱穀している場所まで手で運ぶ(×_×)


首が痒い!手が痒い!と辛かったことをよく覚えています。


 


一反を脱穀するのに一日がかりでしたが、


今は二時間ぐらいです。


時代が変わったというか、機械のおかげで助かります。


今は、一反ぐらいは一人でも出来ます。


 


昔はのんびりとお昼ご飯を田んぼで食べて


美味しかったことを覚えています。


田んぼの周りはほとんど住宅になり


近所の方が珍しそうに見に来られます。


 


店の周辺も随分変わりました、


この数ヶ月で向かいの酒屋さんがなくなり、


隣のジムがなくなり、ガス屋さんがなくなり


、関西線をダイレクトに見ることが出来ます。


 


 


メーカーの方も違う店に来たようにいいます。


この店の場所は元田んぼでした。


小学校の頃、この田んぼの田植えは山の方から手伝いに来てもらい、


秋には家族で稲刈りをします。


遊びに行きたい年頃に手伝いは辛かったけど、


親父から相続をして39年間店を出来たことに幸せを感じます。


 


あの時の手伝いがあったから、今がある。


五年前の9月に家内が亡くなり、


この8月に母親が亡くなり、


ここ数年は辛いことがたくさんありましたが、このように


店を続けられることが私にとって一番幸せだと思っています。


 


最近よく聞かれますが、


「この店、道路になるでしょう?」と。


いつかまだわからないですが、近々だと思います。


 


私が元気な間は店を


続けていきたいと思っています。


 


 


病気は病院で治せないと思っています。


弱小な私ですが、病気の食養生は専門ですから、


十分理解しているつもりです。


 


皆さん、何かにつけ大変な世の中ですが、


お体に十分気をつけてお過ごし下さい。


 


北室


 



ページTOPへ戻る