漢方の三笠薬品 (株式会社三笠薬品)のブログ |「ぱどnavi」
  • [漢方薬店]
  • 漢方の三笠薬品 (株式会社三笠薬品)のブログ
  • 漢方の三笠薬品 (株式会社三笠薬品)

  • カンポウノミカサヤクヒン

0120-77-2600
  • 住所:奈良県奈良市恋の窪1丁目9番6号 
  • 交通:新大宮より徒歩15分、 JR奈良より徒歩15分

『サメミロン』への思い  平成31年4月17日2019.04.17更新

PHOTO

  • 深海サメエキス『サメミロン』

『サメミロン』への思い




 私は開店当初から、「サメミロン」を取り扱ってきて今年で39年目になります。39年扱ってきて、一言で申し上げれば「素晴らしい!」。扱った当初から、価格は据え置きでなんと良心的な会社だと思います。当時は、「販売価格が高い!」と想っていてなかなか売れずに自家消費といって自分で飲んでいました。沢山のお客様に勧めていましたが、やはり値段のことがあり長続きしませんでした。そんなあるとき、私の知り合いでご年配の住職さんが、「北室君、これ頂戴!」といって、サメミロンの300CPの空瓶を持ってこられて、サメミロンの300Pを買っていかれました。それが数回続きました。


 サメミロンは当時病院で多くの疾患に使われていました。病院の治験例も沢山いただきました。こんなよいものを何故飲まないのか不思議でもありました。


 


 よく店頭で、「サメミロン」と「スクアレン」との違いを聞かれます。商品名が「サメミロン」で成分名が「スクアレン」ということです。又、他では安い「スクアレン」が売られているようですが、その「スクアレン」とは純度が随分違います。値段の安いスクアレンは、こしが少なく、魚の臭いがキツいように想われます。「ルイ・ヴィトン」のバッグが高いように、「サメミロン」は「スクアレン」の中でも一流品です。今でも多くの病院が「サメミロン」を使っているのは一流品だからだと思っています。そして、私もこれだけ長く扱うことができ、又リピートの多い商品は少ないと想います。


 


 何にでも効くといったら語弊があるようですが、すべての病気に効果を出してくれるのが、この「サメミロン」だと想っています。


 


 皆さんの中で、病院のお薬を飲んいる方がたくさんおられると想います。「サメミロン」はどんなお薬と併用していただいても、問題はありません。むしろ、病院のお薬から出た副作用を軽減できると想います。


 


 皆さんの中で、体調がすぐれない、又病院のお薬を飲んでも良くならないと方に、是非お勧めしてくださいますようお願いいたします。


 


 


私の「サメミロン」への思いです。


▲ページの先頭へ

Powered by ぱどナビ