漢方の三笠薬品 (株式会社三笠薬品)のブログ |「ぱどnavi」

ブログ

<<前の記事


私のひとりごと    令和2年8月

2020/09/05





蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか。


7月に2週間ほど絶食にチャレンジをしました。


絶食といっても玄米スープ、甘酒といったようなものを口にしましたが、固形物は一切食べませんでした。


考えるよりチャレンジをしようと思い、即実行。


途中、お腹が空けば大高酵素を飲み、噛みたいときは、


サンコーさんのチューインガムを噛み気楽な気持ちで始めました。


三日目ぐらいからはやはり食べたくなり、10日ぐらいたつと頭に天丼やカツサンドが浮かんできます。


それを乗り越えると、気持ちが楽になります。


 


その間、飲んだ薬はたくさんあります。私の飲む薬は主に漢方薬、


サプリメントで病院の薬や新薬は一切飲みません。これも30年以上守っています。


やはり、お客様に勧めるお薬は、まず自分で試します。


そして、気に入ったものだけを扱うことにしています。


今回も、「野中鳥犀圓」「天好」と新しい漢方薬を扱うことになり、只今服用中です。


「野中鳥犀圓」は徳川家康公が愛飲していたという文献が出てきたそうで、300百年以上の歴史を持っています。


今時、医薬品や健康食品が次から次へと登場しては消えていく中で、


一度も絶えることなく根強い人気があります。


価格も手ごろで一瓶が五千円と安価です。


 


私は動物生薬の牛黄が大好きで、長い間牛黄主剤の日水清心丸を勧めてきました。


その理由は、植物生薬に比べ効き目が大きく違います。


植物生薬は穏やかでゆっくりと効いてきます。


今の世の中、はやく結果が欲しいといわれますので、


どうしても効き目の良い牛黄製剤を選んでしまいます。


しかし、この牛黄の価格が高騰して、今後手の届かないようになってくるかもしれません。大変困ります。


 


 


当店ではお客様のニーズに応えられるように、


効き目の良い動物生薬を数多く取り揃えていこうと思っています。


今回の健康通信に同封いたしました、第二類医薬品の「天好(てんこう)」は鹿茸が主剤となっています。


鹿茸はシャープな効き目で安価です。補腎作用には抜群です。機会があれば是非試して下さい。


 


 


 私はもともと元気ですが、5月から、“疲れレベル「2」”のミカサのカキ肉エキスを三ヶ月飲んでみました。


 


広島産だけのカキを使って処方され、品質の良いカキ肉エキスだから、よく効いたように思います。


 


三ヶ月飲んでその答えが出ました。これは是非皆さんに勧めていこうと思います。


 


何となくだるい、疲れた、夏バテをするという方は是非試して下さい。


 


 



ページTOPへ戻る