漢方の三笠薬品 (株式会社三笠薬品)のお知らせ |「ぱどnavi」

お知らせ

何故、アトピーのことに一生懸命か?

なぜ、アトピーのことに一生懸命か?




漢方の三笠薬品は30年以上前から、アトピーの方のお手当をさせていただいております。


といいますのは、家内がひどいアトピーでして、今から30年前の平成元年、支店をオープンした3月のことです。


景気もよく、オープンにかなりの方がご来店いただきました。アレルギーのシーズンでもあり、オープンした翌日の3月12日のことです。


口の下あたりに小判状の皮膚炎ができ、サメミロンエースでも塗っておいたら治ると軽い気持ちでした。翌日も一向に変わらず、ヒドくなるばかりでした。




一週間もたたないうちに、顔の半分がケロイド状態になりました。夜一睡もできないくらいヒドく、一時は途方に暮れました。その時も、マスクをしながら支店のオープンに手伝いに行っていました。




今更、皮膚科へ行こうとは思わないし、自力でなんとかしょうと思い、お手当を模索しました。


その時のお手当は、我神散にサメミロンエースを混ぜて顔面に塗布しました。熱がありましたので、乾くたびに同じ方法で繰り返しました。完治には数日かかりました。


 


アトピーで皮膚科に行っても、出てくるお薬は、ステロイド、ウレア、ワセリン、尿素ぐらいです。これでは根治できるはずがありません。




そのことは、十分に理解していましたので邪道かも分かりませんが、民間療法を選びました。


 


今まで、この30年間アトピーの方と向き合って、色々と経験させていただきました。


全身アトピーの方、20年以上アトピーで苦しんでおられた方、いろんな事をやっても駄目な方、又アトピー以外の皮膚病もよくなった方がたくさんおられます。




三笠薬品は普通の漢方薬店なのに、何故アトピーかと疑問をお持ちの方も多い様の思います。




家内のひどいアトピーを完治した自信と、数多くのアトピーの患者さんに喜んでいただいた経験で


これからも、アトピーのことに一生懸命になっていこうと思っています。


 


アトピー・皮膚病でお困りの方は、是非お声をかけてください。




自信を持って、ご相談させていただきます。

ページTOPへ戻る